2dfrac99 Nの部分集合で要素すべての和3の倍数で

2dfrac99 Nの部分集合で要素すべての和3の倍数で

2dfrac99 Nの部分集合で要素すべての和3の倍数で。fx=1+x1+x^2。n正の整数する 1以上n以下の整数全体の集合Nする
Nの部分集合で要素すべての和3の倍数であるようなの
個か 空集合のき要素すべての和0ます 平成26年度。の整数である。これを用いて,集合 桁の正の整数の各桁に 以上 以下
のすべての整数が現れ,かつ の倍数であるとき, その整数を面白い数
の和で 通りに 表せる最小の数なのです。 の 整数部分を考えると,
……これは 桁の数となる。要素であっ
て, で割った余りが等しくなるような つの自然数 , が存在する。必要条件,十分条件。高校数学ⅠAの集合?命題?証明について,このサイトには次の教材があります
. この頁共通部分と和集合 ↓補集合集合の要素を用いた証明十要は重要
なのだ **このように,ある命題主張p→qが成り立たないことを示す例は
「反例」と呼ばれます.問題文中の文字は,すべて実数とします.整数n
について,nが3の倍数であることは,nが6の倍数であるための 条件

2dfrac99。,,,, =,,, ,,, / ,,,, , 以
/から に合れひ 次の集合を共通部分, 和集合, 補集合などの 記号を
用いて表せ。また, その集合を, 要素を かき並べる方法で表せ。 の倍数で偶数

fx=1+x1+x^2.1+x^n多項式s,t,uによってfx=sx^3+x*tx^3+x^2*ux^3とあらわせる。f1=s1+t1+u1fω=s1+ωt1ω^2u1fω^2=s1+ω^2t1+ωu1辺々加えて3で割ってs1=f1+fω+fω^2/3求めたいのはs1f1=2^nfω=-ω^2*-ω*2*-ω^2*.fω^2=-ω*-ω^2*2*-ω*.という感じだからn=3m+rr=0,1,2と場合を分ければ答えはir=02^m+1+2^n/3iir=12^m+2^n/3iiir=22^m+1+2^n/3もっと確かな手触りの別解はn=3mのとき。3の倍数はあってもなくても変わらないので1?nのうち3の倍数を抜いたものの和で3の倍数を作る通りam×2^m漸化式を作る。1と2も抜くと、残りで3の倍数がam-1通り出来る。これらの各々に1と2を加えても3の倍数。3で割って余り1の組に対しては2を加えれば3の倍数余り2の組に対しては1を加えれば3の倍数ということでam=2*am-1+1*2^2m-2-am-1=am-1+2^2m-2a0=1とあわせてam=2^2m-2+2^2m-4+.+2^2+1+1=2^2m+2/3am*2^m=2^n+2^m+1/3ほかも同様略。多項式翻訳?も漸化式も使わないいい方法がありそうな気はします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です