聖書のいい話 ?元々家キリスト教の聖書よんでてで俺ボラン

聖書のいい話 ?元々家キリスト教の聖書よんでてで俺ボラン

聖書のいい話 ?元々家キリスト教の聖書よんでてで俺ボラン。クリスチャンですが、偏見を持ちたければ持てばいいし。友達将来なるの 質問たら次の言葉帰ってき ?元々家キリスト教の聖書よんでて、で俺ボランティアでキリスト教布教するの夢だよねえ?言われ宗教いい印象持っていない怖 くなってまい 宗教入っている人具体的ようなこするのでょうか 親偏見まみれ(宗教危ないよ 的な)の宗教のこか聞かされてこなかったので、宗教入っている言われる?人やばい人なのでないか?勘ぐってま 偏見なのわかって ごめんなさい イメージ払拭するためお聞きます 宗教団体(キリスト教やイスラム教など主な宗教)所属ているひ行い、なぜ宗教重んじるのでょうか 聖書のいい話。神様は必ずその『痛み』の向こう側に。私たちがそれまで体験したことのない
喜びや満足感を用意してくださっていますから。イエス?キリストを自分の
救い主と信じた瞬間から。私たちは『神の子ども』とされる。と聖書は約束し
ています。現代は「競争社会」と言われますが。本来人間は「他と比べる事」
によって成長するのではなく。「与えられた役割に没頭すること」もっとも「
天国とはこういう所」といったはっきりとしたイメージを持ってはいませんで
したが… 聖書

よく読まれている記事一覧。笑昔は。カソリックでは生まれた時に。洗礼をしていた。聖書的観念」の上
に人生がある欧米人とは。対局にあると言って良いでしょう。大量の無駄な本
を読みあさり。ギリシャ語まで学習し。人生の膨大な時間をかけないと。解ら
ない宗教ってどんなんで天国&地獄などあるわけない」~こんな事を次々に
悩み。無駄な努力をするよりも。「キリスト教」とはそんなものだと。の形を
した”ペテロの家”と呼ばれる遺跡があり。”弟子ペテロ”は網本であったとも言われ
ます。最新/中身も確認。それだけの年月を経ているわけですから。ユダヤ教やキリスト教以外の多くの
人々にも読まれています。聖書が世界のベストセラーである。といわれている
理由はここにあるのです。 本書は。聖書の世界を名場面

学校よりわかる。長崎県には隠れキリシタンの歴史が語り継がれており。それをテーマにした映画
『沈黙‐サイレンス‐』がいまなんとなく知ってはいるけど。ちゃんとは知ら
ない長崎の歴史を聞いてきました。ただただ覚えろって言われても。こちとら
「女性の体の仕組み」および「トルネコの大冒険で地下階にある鉄これは
九州平定と同じ時期にあたるんだよね。ザビエルは『キリスト教を布教する
ため』日本に来たという事は知っていても。どうやって日本に来たかまで3。ザビエルが日本にキリスト教を布教した目的を「宗教改革」という語句を使っ
て書きなさい。 書き

クリスチャンですが、偏見を持ちたければ持てばいいし。日本は100人いたらクリスチャンは1人の国です。まあ、他の回答みたいに、すぐに虐殺の歴史とかあげてくる人が大半です、それは事実だし否定する気はしないし、個人的には聞き飽きてます。でもあなたは、その偏見に足りる事実があるかどうか知りたいんですよね。日本人が宗教ヤバいって思うようになったのは、オウム真理教事件が大きく関わっています。それ以来、日本人は「神よりも自分が一番信じられるじゃん、時々困ったらお参りでもしとけばいいよね。」という感じになったと思います。クリスチャンは、「自分はダメなヤツじゃん、神一番だわ。」っていう価値観なので、日本人一般の神観とは違います。あと、クリスチャンは、日曜日の教会の礼拝がメインです。あとは、毎日少しずつ聖書を読んだりしています。そして、祈ったり、讃美歌を歌ったり、聖書の言葉に従うのがだいたいの人がしていることですね。私はクリスチャンですが、その友人はちょっと考え方が危ないですね……。誰だって、信仰のない人による布教なんて怖くて聞きたくありませんよね。その友人は信仰を持っているのでしょうか?普通のクリスチャンは毎週教会に行って牧師の話を聞き、1週間を過ごします。他は特になく、各々が信仰に従ってよい行いを心がけたり、寝る前に祈ったりして過ごすだけです。というよりも一言でいうと?神様を信じる?ただそれだけです。何も変なことなんてしません笑ほかの宗教はいろいろ活動があるかもしれませんが。キリスト教徒が何をしてきたか!●キリスト教思想と人間支配1、社会格差の容認ローマ書 13:1 人はみな、上に立つ権威に従うべきです。神によら . 神によらない権威はなく、存在している権威はすべて、神によって立てられたものです。2したがって、権威に逆らっている人は、神の定めにそむいているのです。●王や貴族にはこびへつらいあなたは私を諸侯あるいは領主にしてくださいました。このことに私はいささかの疑念もさしはさむことはできません。悪をなす者にかならず剣を用いよ、というのがあなたの私に対するご命令です[ローマ書一三章四節フランスでは革命前の封建社会においてカトリック教会権力と王権が癒着しており、民衆の日常生活にも教権は深く介入して民衆を抑圧していた。教会大土地所有革命が起こる前のフランス、のちにアンシャンレジーム旧制度と呼ばれる頃の、身分別人口構成は第一身分=聖職者???12万人第二身分=貴族???38万人第三身分=市民???250万人、農民???2300万人当然、第一、第二身分が支配層です。さらにこの支配層は、フランスの35%も土地を所有し、税金は10%。ところが、市民は20%、農民は30%の土地を 所有する一方で、税金の負担率は80%だったんです。まさに、この支配層は特権階級! 第三身分の不満は募る一方でした。2、奴隷制の容認特にパウロの手紙では奴隷の存在は当然のことと見なされている。奴隷制そのものは原則論としても,キリスト教的にも反対すべきものとは考えられなかったコロサイ書の3:22に「奴隷たち、どんなことについても肉による主人に従いなさい。人にへつらおうとしてうわべだけで仕えず、主を畏れつつ、真心を込めて従いなさい。」ーーーー500年以上の間、教会の指導者たちは奴隷制が正当なものだとのカトリック教会の教えを信じていた。さらに悪いことには、奴隷制が実際に神の意志により定められたのだと主張した。1886年、南エチオピアのガラ地区の司教代理は教理省に「奴隷制はカトリック教理と相容れるのか」と問いただした。奴隷制自体はその本質的な特性を考えると、自然法と神法に決して反するものではない。奴隷制にはいくつかの正当性があり、これは権威ある神学者や教会法学者の手による参照文献もある。奴隷の売買、交換、贈与はその条件が権威ある人の説明と証明を厳重に守るなら、自然法にも神法にも反しない。教理省はこの問いに肯定的な回答を強調したのである。1452年、ローマ教皇ニコラウス5世はポルトガル人に異教徒を永遠の奴隷にする許可を与えて、非キリスト教圏の侵略を正当化した。3、女性蔑視コリント14章34~36節に. 「婦人たちは教会では黙っていなさい。婦人達には語ることを許されていません。Ⅰコリント14章34~36節に女性差別主義「婦人たちは教会では黙っていなさい。婦人達には語ることを許されていません。律法も言っているように、婦人達は従うものでありなさい。何か知りたいことがあったら、家で自分の夫に聞きなさい。婦人にとって教会の中で発言するのは恥ずべきことです。コリント人への第一の手紙 11章3-5節、9-10節>しかし私は、全ての男性の頭はキリストであり、女性の頭は男性であり、キリストの頭は神であるということを、あなたがたに知って欲しい。頭にかぶりながら祈りをしたり預言をしたりする全ての男性は、彼の頭を侮辱する。しかし、頭に覆いにかけないで祈りをしたり預言をしたりする全ての女性は、彼女の頭を侮辱する。なぜならば、彼女は髪を剃られてしまった女性とまったく選ぶところのないものだからである。パウロの原罪論ローマ書簡5:12[編集]このようなわけで、ひとりの人によって、罪がこの世にはいり、また罪によって死がはいってきたように、こうして、すべての人が罪を犯したので、死が全人類にはいり込んだのであるイブの罪により原罪が生まれたとして女性蔑視につながった。キリスト教的女性観は、とりわけ、女性が男性のために造られ、原罪の源は女性にあるとするパウロの教義によって武装された。それでも、中世の女性は家族の なかで彼女自身の権威を有していた。富裕階級の女性ですら、菜園の管理や食事の準備、家事全般をつかさどらなければならなかったし、召使いの監督や育児に 従事した。4、農奴 ?身分制の容認あなたは私を諸侯あるいは領主にしてくださいました。このことに私はいささかの疑念もさしはさむことはできません。悪をなす者にかならず剣を用いよ、というのがあなたの私に対するご命令です[ローマ書一三章四節ルターはパウロの言葉を引用しながら農民たちの皆殺しを諸公に進言した。「農民の強盗団について」農民を皆殺しにせよと諸侯たちに訴えた.1525年5月、フランケンハウゼンの戦いで農民たちは虐殺された。……総計13万人の農民が殺されたのであった。世界の名著373頁農民たちは権威に盾突いている。これは神の意思に反することだ。これ以上放置しておくと彼らの魂が汚れ、復活できなくなる。いま皆殺しにすれば、最後の審判の日にも彼らも永遠の生命を得られるかもしれないと。これが隣人愛ですか?農民が、あなたのみ前と世界の前で、万死に値することは明らかであり、また私は彼らを罰するように命を受けていることもはっきりしております//そして豚は殺せば殺すほど神の御意思に沿うのだとルターは主張する。5、同性愛者への迫害?蔑視「男もまた女との自然の関係を捨てて互いに情欲を燃やし男は男と汚らわしいことを行ってその迷いに値する報いを身に受けた。」ローマ1:27今日なお教会は同性愛は罪悪だと規定して人間を苦しめている。かってキリスト教道徳の影響で犯罪とされた時代もありました。その中で多くの人間がいわれのない差別と屈辱の内に死んでいきました。アラン?チューリングという人をモデルにした映画を見ました。天才数学者にして、コンピューターの原型を創作した人物です。しかし、彼は同性愛者でした。戦後、キリスト教道徳により裁かれ、科学的去勢を受け、屈辱の内に自殺に追い込まれたようです。数万人の人が同様の処置を受けたようです。6、異教徒差別迫害「三位一体の神の御名において、売れる奴隷という奴隷をどんどん送り続けよう」 「彼らは立派な召し使いになるだろう。手勢50人もあれば、彼らを一人残らず服従させられるし、望むことを何でもやらせることができるだろう」コロンブスコロンブスが上陸した時に約800万人だった西インド諸島の人口は、約20年後の1514年には、約2万8000人しか残っていなかった。ローマ5:6-11御子を信じない者、御子を救い主として受け入れない者は怒りの日に裁かれるのです。–ガラテア人は律法の業によって義とされず イエス?キリストの信 によってのみ[義とされる]ことを知って わたしたちもまたイエス?キリストを信じたのであるパウロは人間の義人と罪人の基準をキリスト教信者であるか、未信者であるかにしてしまった。「捏造された神の名の下に人を信者?未信者を基準に義人と罪人に二分する善悪二元論は、自他を抑圧する」暴力となるのだ。キリスト教の歴史上の暴力は、特定の人々の恣意的なものではない。「永遠の生命の獲得=キリスト教の救済論に内在する暴力性エゴイズム」の顕現なのだ。●●異教徒は人間ではない●●●1452年、ローマ教皇ニコラウス5世はポルトガル人に異教徒を永遠の奴隷にする許可を与えて、非キリスト教圏の侵略を正当化した。「こいつらは肌が黒くキリスト教徒じゃないから、人間ではありません」こちらへの回答のつもりが違うところに投稿してしまいました。両方同じですが両方残しておきます。私の考えですが、イスラームは生きることそのものです。行きていることとイスラームを切り離すことは本来できません。ついでに言うと死ぬことも、また復活することも全てイスラームです。何をするか?六信五行です。代表的なところでは1日5回スンニ派のお祈りです。お祈りをするとすごく心が安らぐって言ってます。ちなみに私はムスリムイスラームに従って生きる人ではありませんがムスリムの友人もいます。ムスリムだらけのところで住んだこともありますし、現在もムスリムもそこそこいる国にいます。ヒンズーも生きることと同じって感じます。ただイスラームほども分かりません。でもしょっちゅうヒンズーの寺院にいきます。形だけだけど一緒にお祈りをしたこともあります。何回か額に赤いのをつけてもらいました。ヒンズーの戒律はよく知りませんがそれぞれの宗派の戒律に従って行きているんだと思います。現在はシャクティーって言うのかな、神様を思って行きてるんじゃないでしょうか。もちろん人によります。ユダヤ教も生活そのものなんでしょうね。よく知りませんが。戒律を守りたい行きていくことが彼らのアイデンティティで重要なんだと思います。ユダヤ教派ほとんど知りません。部下が敬虔な仏教徒です。日によって半断食とか食べたらいけないものがあったりするようです。ちなみにミャンマー仏教です。キリスト教はよく分からないなあ。宗派による差も大きいし。ついでに言うと仏教、ヒンズー、イスラーム、キリスト教の新宗教もいくつか知ってますよ。知ってるのはどれも結束が強そうですね。新宗教の寺院や教会に行くと少し雰囲気が違いますね。ヒンズーの新宗教の寺院で2回ほど信者に混じり施しのご飯を食べましたよ。イスラームではサモサを貰った。現実問題、全ての人はあなたもキリストの救いが必要な罪びとです。以下をお読みください。「イエス?キリストによる救いの知らせ福音」聖書には次のような言葉があります。父なる神の御前できよく汚れのない宗教は、孤児や、やもめたちが困っているときに世話をし、この世から自分をきよく守ることです。ヤコブの手紙 1章27節ご参考になさって下さい。「何らかの益」が欲しいから、その益があるとうたっている宗教やその神を信じているのです。「幸福になる」「地獄に落ちないで天国に行く」「罪が許される」「善人になる」「人生の目的や意味が与えられる」「病気が治る」「永遠に生きられる」「何らかの益」があると信じてるからその宗教の神を信じるのです。宗教は、自分の救いを得るために、信じるものです。自分が救われるかどうかが大前提なのです。上記にあげたような「何らかの益」が貰えるためには、どうしてもその宗教の神がホンモノであってもらわなければ困るのです。信者は、本当にその宗教の神がホンモノであるかどうかを調べて、その後、ホンモノに違いないとわかって、そうして、信じることにしたのではありません。そうではなく、その宗教の神だと自分の救いに甚だ都合がよいので、本当だかどうだかわからないのに、その宗教の神を信じる、ことにしてしまったのです。自己の救いがそこに依存しているわけだから、その宗教に誤謬があることなど、はじめから受け入れられないのです。こういうことですから、自己の救いを求めている人がいる限り、いかにその矛盾が指摘されようと、また「非科学的」と非難されようと宗教は繁盛するに違いありません。同様に、どんなに胡散臭くても荒唐無稽でも、救いや幸福を探し求めている人々がいる限り、これからも、宗教という「救いや幸福を売る商売」は繁盛するに違いありません。家系の仏教等を、普通の感覚で人が大事にするのと、そう意識上に差がない人も居ると思いますが、自然に触れて来た環境に居る人であったら。私も宗教、嫌いです。一つ、言える事は、と思う事ですが、「自分の中の気持ちで感じる事の通りに、その感じ方は大事にした方がいい。」私から言える事は、これだけですね。キリスト教でも、危なくない人も居ます。その人の感じ方等次第になって来ます。人はそれぞれです。只、普通に健康に、前向きに生きている方が、何も問題等なくて、その方がいいです。日本人は生まれながらに神道ですよ、皆知らないだけで。初詣で神社へ行くでしょ。確かに危ない宗教もありますが世界で一番多いのがキリスト教だと思います、クリスマスもキリスト教の祭事ですよ。イスラム教は中東アジアです。どちらも歴史は古いですよ。とても難しい問題です。宗教は日常の生活まで関係してきます。あなたが開けた、宗教という質問のドアはしめてしまっても良いと思います。ちなみに日本人ほど宗教にこだわらない民族はいないそうです。お盆、クリスマス、正月…本当のキリスト教もイスラム教も人としての生き方を教えるものと、自分は考えています。もちろん、よろしくない宗教も一部ありますよ。キリスト教ならこれからクリスマス会や、バザーとかいろいろ間口が広いのでそういったものに顔を出してみてはどうですか?人間がなぜ怖いとか嫌だと思うのかというと、知らないモノだからです。知れば怖くなくなります。その上で私には私の神様がいる。でいいんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です