夏樹とも@小説?歴史 趣味でカクヨム様の方で執筆ているの

夏樹とも@小説?歴史 趣味でカクヨム様の方で執筆ているの

夏樹とも@小説?歴史 趣味でカクヨム様の方で執筆ているの。「読者」の代弁者を気取るつもりは毛頭ないので、人気の取り方には触れず、とりあえず私見を述べていく。https://kakuyomu jp/works/1177354054887549224 趣味でカクヨム様の方で執筆ているの、pv増えて後フォローなどていただけません どういったころ改善すれば読者様の心惹けるか、是非アドバイスください 小説投稿サイトのおすすめは4つだけ。今回の記事を執筆するにあたって。主要と思われる以上の小説投稿サイトを見
て回りました。投げ銭の仕組み』と『作者と読者がコミュニケーションを取り
やすい仕組み』が導入されているので。金銭面でも精神自作の小説
キャラクターのイラストを設定したり。小説の世界観を示すような風景画像を
設定したりすれば。より経由の読者の流入量が増えやすくなります。
ノベルバは。小説作品の数に応じて。金銭の報酬が支払われる制度が魅力です

小説テキスト投稿サイト雑感随時更新。趣味の小説を投稿しはじめて二年ちょっと。先月から複数サイトへの投稿を
はじめたので。雑感を残しておきます読み専時代とか。もっと前から使ってい
たところもありますが。個人的な経験以外にほぼなんの根拠もない「PV?ハート?レビューの全てを欲しがる者たちへの。フォロー ミリタリー。アニメ。が好きなリーマンです。 あとライブに良く
行きます。 最近はラノベ書いてます。どうぞよろしく。フォロー 趣味で
ほそぼそとファンタジー小説などを書いております。 書いただけでは満足でき
なくなってきたので公開いたします。フォロー 受験も晴れて終わり。早速
執筆する時間も増えてきたよようたと申します。なろうでも活動しているので

夏樹とも@小説?歴史。夏樹とも@小説?歴史 @_ 「輝きの不如帰
?細川藤孝に転生したので金の力とハッタリ外交で室町幕府を再興して将軍を我
がものにする?」という小説を書いてます趣味は歴史。あとガンオタ無言小説家に。クロの戦記 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです少年エース
日本最大級の小説投稿サイト「小説家に今回は「小説家になろう」と「
カクヨム」でおすすめの異世界小説を紹介していこうと思います。, 主人公と
ヒロインの二人分かっているんだからな。, 引用。異世界召喚されてきた聖女
様が「彼氏が死んだ」と泣くばかりで働いてくれません。で。最近増えている
異世界モノであんまり戦闘描写などない。ほのぼの系で更新頻度が高いオススメ
を紹介!

「読者」の代弁者を気取るつもりは毛頭ないので、人気の取り方には触れず、とりあえず私見を述べていく。聞き流してもらっても一向に構わない。言うまでもなく、「巧さ」と「面白さ」は別物である。両方備えていれば申し分ないが、なかなかこれが難しく、どちらか片方備えているだけでも上出来。逆に言うと、読者はいるのに人気が出ない作品とは、「巧さ」も「面白さ」も備えていない作品であると定義することが出来る。質問者さんの作品が人気が無いというのなら、これに分類される。「巧い作品」は、理論に基づいて書かれた作品を指す。この手の作者は豊富な語彙や語句の使い方、多方面にわたる知識、構成の定石、読者のニーズなどがしっかり頭に入っており、大当たりこそ出にくいものの、コンスタントに作品を発表することが出来る。作家として食べていく人は概ねこの性質を持つ。対する「面白い作品」は、衝動によって書かれた作品を指す。ただし、その作者の「書きたい」と読者の「読みたい」とが噛み合っていることが大前提となる。稀に見掛ける「下手だけど、なぜか惹かれる作品」がこれ。この手の作者は大ヒットを出すものの、継続せず、一発屋で終わることも少なくない。当然、以上は極論に過ぎない。どちらか一方だけしか備えていない、ということは現実まず有り得ない。だから異論もあろうが、私は感想を書く際、便宜的にこのように考えながら読むことにしている。その観点から質問者さんの作品を私なりの基準で10段階評価するならば、巧さ:4、面白さ:3、といったところ。ちなみに読み物としては各6点くらいは欲しい。さて、文章はさして巧いとは言えない。全部が全部ではないが、誤字が多いし、言葉遣いにも稚拙さが窺える。読書経験が浅い、もしくは小説は見るが読んでいない作者の典型。気取った文章を書こうとしているのは分かるものの、基礎が疎かだから肝心な場面ほど様になっていない。一例として、第一話に注目。この第一話には何度も「俺」という主語が使われているわけだが、その内いくつの「俺」を省略しても文章が成立するかを考えてみよう。無用な語句はそれだけでノイズに成り得る。「日本語として間違っていない」=「小説として正しい」とは限らないことを学ぶべき。それと、>――そんな世界がこの御時世に? そう思う人物は多いだろう。>中で暮らす上で法は存在しないと言ったが、>「もし理解のあるやつらならば、俺は自由が欲しいだけだ。と弁明してやりたいんだがな」>紹介が遅れたが、このような、第四の壁を意識させる言い回しは極力避けた方が良い。いちいち説明臭い独り言も同じ。白ける。誤字誤用については、細かいものを含めると指摘するにはあまりに多いので省略。他の方にお任せする。また、独りよがりな表現が散見される。もっと読者に通じる表現を心掛けないと意味がない。次に構成に触れると、こちらは更に評価が下がる。まず、掴みが下手。ネット小説界隈にやたら多いのだが、なぜ「主張」から入りたがるのか理解に苦しむ。「人は何故自由を求めるのだろうか」だの「人は何故人なのだろうか」だの、正誤問わず一話の冒頭からいきなりそんな思想を押し付けられたい人などそういない。読者が求めるのはストーリーであってイデオロギーではない。どうも質問者さんの場合、ツッコミどころのある主義主張を事あるごとにひけらかす悪癖が見受けられる。そこで脱落する者は多いだろう。主張を組み込むこと自体は構わないがそれが個性になる、もっと巧くやらないとダメ。一方、締めはそれほど悪くない。ただ、意識的ではない気がする。だから、引きが弱い。つまり「続きが読みたい」とはならない。自分の書いているものが長編ではなく連載だということを意識すればもっと良くなるだろう。演出も微妙。特にキャラの見せ方が×。とにかく主人公をクールでかっこいいキャラにしたいのだろうが、ヒロイン含めて周囲のキャラがおざなりで茶番じみており、正直読んでいるこっちが恥ずかしくなる場面もちらほら。悪い意味で「ラノベっぽい」。主人公以外にも愛を。ストーリー面は、あまり語るべきものがない。「壁に囲まれた無法地帯」「狂気に駆られた悪党」「自由と暴力」……ありふれた題材である。問題はそれをどう料理するかだが、どれも今一歩足りない。どうとでも展開させられる分、作者的には気楽だろうな、とは思う。こういうストーリーほどご都合主義に陥りやすく、センスが問われるわけだが、さて。手短ながら、以上。まあ、連載開始から半月程度なのだから、悲観的になるには早いのではなかろうか。

  • くせ毛は治るのか くせ毛を治すにはやっぱり植毛矯正しかあ
  • 癒しの金魚 先日17時に金魚の水換えをしたんですが今朝起
  • 招待状発送完了 結婚式の招待状などで大安や友引のいい日の
  • 公務員の年収は 他の先進国公務員給料はその国の単純民間平
  • ソフトバンク高橋礼 高橋礼はなぜ今シーズン先発をやってな
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です