命中率50%の銃で回避率50%のウサギを撃つと当たる確率

命中率50%の銃で回避率50%のウサギを撃つと当たる確率

命中率50%の銃で回避率50%のウサギを撃つと当たる確率。ポケモンだと25%だよね。命中率50%の銃回避率50%の兎当たる確率いくつか 。番組の途中ですがアフィサイトへの\^^/です 日
○ – ////
高卒にはわからないらしい お前らわかるか?難問命中率50%の銃で回避率50%のウサギを撃つと当たる確率。銃はウサギにとんでく確率が%でウサギに飛んでった時に更にウサギが避ける
判定がでて%で回避てか命中率%の銃ってなんやねん命中率
パーセントで回避率がパーセントなら当たる確率はパーセントなんか?
勝敗の勝率%のボクサーに勝てる確率はいくつかって事だろ?任豚さん。%でしょ 当たった確率が命中率で 避けた確率が回避率だろ 打率をピッチャー
の能力とバッターの能力で計算するか? しないだろ 結果が全て 名無しさん
必死だな土

難問命中率50%の銃で回避率50%のウサギを撃つと当たる確率。当たるか当たらないかだから/やろ名無しさんがお送りします
水 命中率が%なんやから%やろ 回避率って
なんやねん。ゲームやあるまいし 回避もこめて命中率%命中率50%の銃で回避率50%のウサギを撃つと当たる確率は。そして自分のところに飛んできた弾を%の確率で避けられるのが回避率%
まず「当たる」と「当たるけど避けられない」が内容被ってるしウサギが避ける
かどうかが下2つでしか考慮されてないしそもそも「当たら難問命中率50%の銃で回避率50%のウサギを撃つと当たる確率。回避率%のこのウサギは今まで何度撃たれたんですか? 番組の途中ですが
アフィサイトへの転載は禁止です ????? -月
数学的には知らんが現実は/ 当たるか

難問命中率50%の銃で回避率50%のウサギを撃つと当たる確率。風吹けば名無し 水 + お前らわかるか?難問命中率50%の銃で回避率50%のウサギを撃つと当たる確率。「問題 命中 回避 確率 計算 うさぎ 銃 」に関する記事で。「難問命中率%
の銃で回避率%のウサギを撃つ当たるか当たらないかの二択やから%やぞ
銃が%の確率で標準ぴったり残りは°いずれかにぶれる

ポケモンだと25%だよね。計算式は1/2×1/2で1/4ってとこか、だけどこの考えを拡張して共に100だった時のことを考えると、1×1で1つまり発注となる。回避率100にもかかわらず必中だ。ここで矛盾が生じるからどうなんだって問題なのでは?ちなみにポケモンだと共に100の場合回避優先とされ絶対に外れる。詰まる所この問題は命中率と回避率のどちらに優先権を与えるかという問題に書き換わる。そしてその問題は思考とは無縁のものであり、深く議論するまでもないものである。もしこの意見に反論するとすれば、1×1=1の計算式自体がおかしいという点だろうか。しかしその場合もとの1/2×1/2=1/4という計算式も意味をなさなくなり前提が崩れる。なのでこれを事象の実験の試行回数不足とし、さらに例を増やすとする。ここで0×0という1×1と正反対の例を出したところでこの式が示してくれるのは1×1と全く同じものなので、0×0以外のものを例として出すこととする。ここで他の意見を参照したいと思う。他の意見では『命中が50なら50だろ』や『回避が50なら50だろ』のように、片方のみに焦点を合わせる考え方がいくつか見られる。そこで本題に戻し、第3の例として、命中率60回避率80の例を挙げてみる。理由としては前回と前々回の例では命中率=回避率の場合のみしか考えられていなかったためと、他の意見に対する反例が欲しかったという目的だ。まずポケモン式の計算式でこの例を計算してみると3/5×4/5=12/25となりこれは48%である。次に他の意見として取り上げた『命中が50なら50だろ』をベースに考えるとこれは60%となる。しかしこれが正しいとすると回避率80を完全に無視し意味をなさないものとしている。つまりここで矛盾が生じている。『回避が50なら50だろ』の意見についても同様に矛盾が得られる。よってこの考えは命中率=回避率の場合のみを考えそこに違和感を感じる事が出来なかった人達の意見であると言えるだろう。よってこの問題の結末は原点に帰還し、命中率と回避率のどちらに優先権を与えるかという問題に書き換わり、そしてその問題は思考とは無縁のものであり深く議論するまでもないものである。と再び結論付ける。あくまで僕自身の意見ですので正しいとは限りませんし、3/5であたり、4/5でかわすという、『命中しているが回避した』という結果が存在すると言う量子力学的な考えとかも面白いのかなとか思います。射手100人とうさぎ100羽を用意してください。頭の中で命中率50%ですから、先に50人退場させれば百発百中の名手が50人残ります。命中率50%ってこういうことですね。さて回避率50%ですから、50羽退場させれば避けないうさぎが50羽残ります。さて狩猟開始です。50人の射手は50羽のうさぎを仕留めました。当たる確率100%です。これで終わりではありません。先に退場した必ず外すダメ射手50人と、必ず避けるうさぎが50羽対峙します。狩猟開始すれば、当たる確率0%です。1回目は100%、2回目は0%ですから、答え:当たる確率50%です。<たしかめ算>再び射手100人とうさぎ100羽を頭の中で用意。先に50人退場させ百発百中の名手を50人残します。命中率50%です。さて回避率50%ですが、さきほどと異なり必ず当たるうさぎ50羽を退場させ、必ず避けるうさぎ50羽を残します。さて狩猟開始です。まさに矛盾です笑50人の必殺の射手は必ず避けるうさぎ50羽に発砲。0%でもあり100%でもあるという不思議な実験なので間を取らざるを得ません。確率50%、25羽のうさぎを仕留めると考える他ないです。当たる確率50%です。これで終わりではありません。先に退場した必ず外すダメ射手50人と、必ず当たるうさぎが50匹対峙します。こんなおかしな矛盾見た事ないです笑狩猟開始すれば、0%でもあり100%でもあるので間を取らざるを得ません。当たる確率50%です。1回目は50%、2回目は50%ですから、答え:当たる確率50%です。命中率が50%と書いてあるのに答えが50%ではない値だと矛盾が生じてしまうので命中率50%の銃が回避率50%の兎に当たる確率は50%ではないでしょうか。引っ掛け問題みたいなものですかね?僕の答えがあっているかはわかりません。命中率50%の銃だと当たったとしても打撲ですみそうですねwなんか同じ質問が何度もされていて目障りなんですが。「命中率」「回避率」ともに定義が示されていないので、明確な回答は不可能です。たとえば「命中率」というのが銃で撃った弾が兎に当たる確率で、「回避率」というのが銃で撃たれた兎が銃弾に当たらない確率だとすると、それは同じ現象の確率の表と裏を言ってるだけのものなので、それをかけ合わせて「確率は25%」だというのは明らかに誤った回答になります。コインを投げて表が出る確率が50%、裏がでる確率が50%の時、裏が出ない確率は何%かと聞いてるようなものです。ここで25%だと回答するのが誤りだというのは誰でもわかる話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です