吃音のあるお子さんの抱える困難と支援の提案 で一応親担任

吃音のあるお子さんの抱える困難と支援の提案 で一応親担任

吃音のあるお子さんの抱える困難と支援の提案 で一応親担任。言った方がいい。金曜日担任の先生揉めて、すごく色々言われて泣き 講習ある日オープンキャンパス勝手申込んだこ原因で、「全然相談来ない!!」的なこ長々言われ続け、反省 か、後「コミュニケーション力全然ない!!他の人話そうない伝えるべきこ上手く伝えられないんでょ!!普段先生方全く質問行かない!!言いたいこあるなら早め言ってよ!!」みたいなこ言われ 吃音で、幼稚園今全く治らず、悪化ていく一方 自分の名前言えません 親こついて全く関心なく、吃音言う言葉自体知らない思 「いつか治る?」等いい、言えなくて困ってて急かたり、ふざけないで!!言うばかりでた で一応親担任の先生「吃る癖ある」的なこ言ってくれたらく、先生担当の授業で、明らか上手く言えてなかったりて聞き返さず、ままスルーてくれているの、金曜日そういうこ言われ、忘れてまったのかよく分なかったのか、やっぱり理解てくれてないんだ、思い悲く思い 人会話するこ好き、吃音のせいで自分会話参加するこあまり出来ません 話振られて言葉出てこない、人聞かれて分かっているの答えられないの辛い 友達少ない、かなり吃っているの聞かれているので、初めの方真似されたり、笑われたり、ずっ一緒いるか察たのか言わないで、吃っていてスルーてくれます でなり頑張ってか会話よう、毎日当てられたらどうよう…ドキドキなら学校行ってるの、分かってくれてなかったんだ思い、すごく悲い 学校吃音だ明確言ってません 多分長く一緒いない限りほん人吃音だ知られないよう上手く誤魔化てやって来 まま言わない方いいでょうか 言った方対処てくれね 吃音のあるお子さんの抱える困難と支援の提案。既に先生の方でご配慮いただいていることと重複することも多く含まれているの
ではないかと思いますが。吃音のある出るまで待っていただき。「ゆっくり」
や「落ち着いて」。「もう一回いってごらん」等の言葉かけは控えていただく
のか良いと吃音を持つお子さんが学童期に抱えやすい問題のひとつに。吃る
ことに対するからかいやいじめがあります。ことは「くせ」みたいなもので。
背の高い子や低い子がいるように。話す時につまって言いにくい子やすらすらと
言える子

うまく言葉が出ない『吃音』?“知ること”で救われる「たすけあい。私には「吃音きつおん」という発話障がいがあります。 吃音症とは。言葉が
円滑に話せない障がいで。話を始めるときに最初の一音が詰まったり。同じ音を
繰り返したりする言語障がいのひとつです。 世の中にはまだ気づいて。新学年度のたびに担任との面談をしていただいたり。学校行事や授業での子ども
の発表についてや。子どもたちの友人先生は一回だけ。きつ音のことを子ども
に伝えたら子どもは一生理解出来るのだから…吃音のある子は頭の回転が良
すぎるから言葉が追いつかなくてどもるんだよとずっと話してきたため。本人も
自分は頭の子どものころは発音する時の連発?伸発?難発はほとんど出て
なかったですが。歳を経るにつれて。その症状が少しことばの教室を担当し
ています。

勤務先等。精神障害, 勤務先等, 障害があるからと以前の勤め先を辞めざるを得なかった。
精神障害, 勤務先等, 薬の副作用で言葉がどもる状態をマネされ。たびたび笑いの
ネタにされた。精神障害, 勤務先等, 福祉就労している息子が。職場で「障害者
なんか雇わず。もっと働ける人を雇えばいいのに」と陰口を担任はクビになっ
たが。すごいアザの多さで悲しかった。主任の先生は「保健室がいっぱいだっ
たら体育館でも空いた教室でもお貸ししますよ」と言ってくれた。

言った方がいい。人生は配られたカードで一生懸命生きた方が楽しい。私も貴方も。手札を思っきしみせてまだなんやんかケチつけてくるんなら人生損してんなって思いながら笑ってやればいい。私も貴方も誰にでも、好かれるわけではないから。それでも好いてくれる人を全力で仲良くすれば良いんじゃないかな。目上の人も。目下の人もね。キチンと担任に話すことでしょう。そうしないと、卒業しても、悪いイメージのまま残ります。そもそも担任は生徒の特性、とりわけ苦手なところをきちんととらえて対応しないと教師としては失格です。言ったほうがいいでしょう。自分の気持ちって言葉にしないと他人には伝わらないよ。自分は何も言わないけど察しろよ的な態度は良くない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です