ぼくのなまえは フェアリーテイルぼくのなまえ…の

ぼくのなまえは フェアリーテイルぼくのなまえ…の

ぼくのなまえは フェアリーテイルぼくのなまえ…の。ラーケイドがゼレフの息子かのように演出してたんです。フェアリーテイル「ぼくのなまえ…」の 最後のオチの意味分かりません 結局ラーケイドの名前 オーガスト ラーケイドオーガスト 同一人物か (違よね…) 誰か…フェアリーテイル。フェアリーテイル 第話 『ぼくのなまえは…』 マガジンネタバレ速報,週刊
少年マガジン内容ネタバレ連載終了 ? フェアリーテイル連載中 ?
エデンズ ゼロぼくのなまえは。状況を生み出してしまう! あらゆる魔法を無効化してしまう強敵に。防戦一方
の親子は反撃の糸口を見つけられるのか!? そして。時を同じくして「妖精の尻尾
フェアリーテイル」のギルドには。一つの影が近づきつつあるのだった???。

ラーケイドがゼレフの息子かのように演出してたんです。ラーケイドがゼレフを父と呼ぶのは、ラーケイドがゼレフ書の悪魔であり、ラーケイドの性を持つのはゼレフ書の悪魔の中で出来が良かったからゼレフがラーケイドの性を与えたからです。オーガストは何度も「なぜ陛下の子は愛されなかったのか」と言ってましたよね。その次に大体ラーケイドの描写が来ることでよりラーケイドがゼレフに愛されていないイメージを植え付けられてました。しかしラーケイドはゼレフ書の悪魔でありほんとの子では無いことがわかります。要するにオーガストは、自分がゼレフに愛されていないのは何故だろうかと問うていたんです。ゼレフはオーガストが生まれたことをそもそも知りませんでしたから初めてあった時もまさかそれが自分の息子だとは思わなかったわけです。オーガストは自分が息子という存在であるということに気づかれなかったから愛されなかったのでは無いかと思っています。まぁ実際、時系列で考えても子供は100歳くらいになってるはずなのでオーガストが子供でもおかしくない見た目をしてますよね。ここの話は漫画を読んでいてとてもビックリしたシーンです。展開が上手いなと思いました。ラーケイドと思い込ませてからのまさかのオーガスト。あまりに子供って感じがしないので驚きました。あり得るのかと。でも考えてみればオーガストの見た目と子供の年齢的に一致してるので納得しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です