いったい何が 中国の一帯一路対て借金漬け外交の批判高まっ

いったい何が 中国の一帯一路対て借金漬け外交の批判高まっ

いったい何が 中国の一帯一路対て借金漬け外交の批判高まっ。相手は中国だぜ。中国の一帯一路対て「借金漬け外交」の批判高まって

インフラ支援受ける途上国のほう問題あるので

借金の額考えないほど、中国巧妙な手使うのでょうか 中国がマスク外交を展開:日本はどう応じるか。中国 香港 台湾 韓国 インド オーストラリア タイ フィリピン インドネシア
シンガポール アメリカ ロシアこの点から「マスク外交」には。一帯一路国を
中心に中国がインフラ投資のために融資を拡大させ。それを梃子に軍事的覇権
まで広げていくことを狙っているとして。米国などが強く批判している「借金
漬け外交 」の延長線。という医療体制が概して脆弱な新興
?途上国では。感染の爆発的拡大が生じるリスクが高まっている。

「借金漬け外交」批判浴びる中国。批判の高まりを中国は強く意識しており。フォーラムを通して国際社会の警戒を
和らげ。一帯一路をてこ入れしたい考えだ。 37カ国が首脳級を送り込んだ一方
。覇権をめぐって警戒を強める米国は高官の派遣を見送った。日米豪共同声明。巨大経済圏構想「一帯一路」を通じて影響力を拡大する中国に対抗する狙いが
ある。一帯一路に相手国を債務不履行に陥らせる「借金漬け外交」との批判が
あることを念頭に「非持続的な債務負担を避けつつ。地域の真のいったい何が。中国が主導する途上国向け国際金融機関「アジアインフラ投資銀行」AIIB
の第5回年次総会が7月28日開催された。「加速する『中国離れ』と『中国依存』」時論公論。一方。アフリカではマスク外交を通じて中国への依存が強まっています。
さらに中国は一帯一路構想を通じて中?東欧諸国との結びつきを強め。ギリシャ
やイタリアなど財政問題を抱える南やホテルから追い出されたり。警察官に
拘束されたりする差別的な動きが相次ぎ。アフリカ各国で反中感情が高まりまし
た。また。中国の融資によって借金漬けとなった国も少なくありません。

中国の一帯一路。中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に関する国際会議が北京で開かれ。習近平
国家主席が「質の高い一帯一路」をめざすと表明した。中国の影響力拡大の
ために新興国を借金漬けにする「債務のわな」との批判も広がっている。米国
はペンス副大統領が「借金漬け外交」と非難し。警戒を呼びかける。

相手は中国だぜ。脅したり賺したり、さもなくば資金供与や、ハナトラ仕掛けで手懐け、それでも言う事を聞か無い、途上国の指導者は命の危険に晒される。殆ど手に落ちるのは、その為さ。たとえばスリランカのマッタラ?ラジャパクサ国際空港は中国からの融資を受けた前大統領の名前を冠されていますが、一日の利用客が数人から数十人程度で「世界一寂しい国際空港」とまで言われています。自分の名前をつけた空港を建設して名前を残したい政治家が、中国の借金で無駄な空港を作ってしまったわけです。似たような事例は他にもあるでしょう。中国のインフラ支援の場合、基本的に中国企業に工事を発注することになります。そして中国企業から政治家等にマージンが流れるという仕組みです。マージンの財源は工事費の水増しでしょうね借金するのはあくまで国、政治家自身は自分が潤うので借金大歓迎という奴です。借金が大きければ大きいほどキックバックも大きくなりますしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です